AGA治療と薄毛ケア

加藤クリニックでのAGA治療にかかる費用はいくら?

大阪にある加藤クリニックはAGA治療を、専門に行っているクリニックです。

AGAとは男性ホルモンが作用して起こる抜け毛の症状で、男性ホルモンが原因という事もあり、患者のほとんどは男性です。
テストステロンというホルモンが、5αリアクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンという新たな男性ホルモンへと変化します。
このジヒドロテストステロンは、毛髪を作る毛乳頭の働きを阻害してしまうホルモンです。
毛乳頭の働きが悪くなってしまうと、髪が生えにくくなる為、薄毛の症状が進行してしてしまいます。

加藤クリニックでは、内服薬でジヒドロテストステロンの生成を抑える、AGA治療を行っています。
ジヒドロテストステロンを作り難くするには、内服薬による治療が基本です。
加藤クリニックでは、プロペシアとフィナステリドという2種類の内服薬の処方しています。

この2つの内服薬がいくらぐらいか気になる方も多いでしょう。
加藤クリニックではプロペシアは28錠なら7500円、90錠だと23000円です。
フィナステリドはプロペシアのジェネリック薬品という事もあり、プロペシアよりも費用はリーズナブルになります。
いくらぐらいかというと、加藤クリニックでは28錠6000円、90錠18000円で提供しています。

どちらの内服薬で治療を進めるかは、費用などを考慮して医師に相談して決める事が大切です。
また、他のAGA治療にはグロースファクター成長因子注入に、ミノキシジルカクテル注入といった、頭皮に直接発毛効果のある、有効成分を注入する治療も行っています。

これらの治療がいくらぐらいかというと、グロースファクター成長因子注入の場合は1回60000円 、ミノキシジルカクテル注入は10000円という費用です。

このように、内服薬と注入による治療という2種類の治療が受けられるので、加藤クリニックでなら効率的に、発毛治療を進められるでしょう。