AGA治療と薄毛ケア

薄毛と季節の関係~悪循環を断つことが大切である

薄毛とは抜け毛が進行することで発生します。
また発毛状況の良し悪しも関係しています。
ですから抜け毛を早い段階で治すこと、また不完全な発毛状況を改善することが、薄毛予防、またはその進行を食い止めるためには大切なことです。
たとえば育毛剤を使用するとか、頭皮の健康状況を改善すること、発毛の状態を診断してもらいそれに支障をきたしている原因を突き止めることなどがその方法としては挙げられますが、こうしたことを行う際には、季節との関係やその影響を考慮する必要があります。
実は薄毛と季節の間には、深い関係があります。
人間は、春と秋に毛が抜け落ちやすい性質を持っています。
これは、動物の毛が夏と冬に抜け落ち、新たな毛に生まれ変わるのと同じメカニズムなのですが、それ以外にも、頭皮にとって過酷な環境である夏と冬の間にたまったダメージが、抜け毛と言う形であらわれていると言うメカニズムも存在しています。
そのため薄毛を予防したいのであれば、抜け毛が多くなる春には、育毛剤を使用するなどの対策を行うと同時、冬の間、寒さと乾燥によって頭皮に与えられたダメージを癒す対策も必要となるのです。
同様に秋には、夏の暑さや汗、皮脂などによる頭皮のダメージを癒す対策と共に、薄毛を予防する、その進行を食い止める対策を行うことが求められます。
季節は連続してやって来るものですから、単純に薄毛予防だけを目的とした対策を行っていては、前の季節で受けた頭皮のダメージはそのまま次の季節にも持ちこされてしまいます。
それが連続していくと育毛剤の使用では追いつかないほど、抜け毛や薄毛が進行してしまう可能性がありますし、ますます頭皮の健康状況も悪化してしまう一方です。
この悪循環を断つためには、春には冬の頭皮ダメージを、秋には夏の頭皮ダメージをケアすることを意識して、春と秋に頭皮の健康を整えるつもりでケアをすると同時、薄毛対策を行うことが大切です。