AGA治療と薄毛ケア

AGA治療薬で、まさかの自毛復活!半年は必要です

AGA治療薬を利用すれば、ある程度の期間は必要になりますが地毛を復活させることが出来ます。
そもそも、AGAは男性型脱毛症の略称のことを意味し、男性にしか生じない脱毛症状のことを言います。AGAになると頭皮の脱毛が進行し、将来的には必ず薄毛になってしまうのです。
基本的に、薄毛や抜け毛の症状に悩まされている人はまず自身のそう言った症状が何が原因によって起こっているのかをしっかりと把握しなくてはいけません。AGAに関しては、男性の薄毛の6割から7割近くの原因になっていることがわかっていますのでクリニックに行けば早い段階で特定することが出来ます。AGA治療の特徴は、他の症状異なって薄毛や抜け毛を薬で比較的簡単に治療することができる点にあるため、心当たりがある人はまずAGAになっていないのかを診察してもらわなくてはいけません。
では、どのような薬で治療していくのでしょうか。一般的には、プロペシアという薬を利用して治療していきます。プロペシアは、脱毛症の原因となっている男性ホルモンの働きを抑える効果を持っています。男性ホルモンが多く存在している人は、このホルモンによって発育を阻害するDHTという物質も大量に生産しています。そのため、薄毛の根本の原因となっている物質を止めるためにプロペシアを使うのです。プロペシアは、数年単位で使用している人の9割ほどの患者に対して育毛効果が確認されている薬です。1年程度の使用であっても7割近くの人が効果を実感できるため、半年もあれば目に見えるほどの育毛効果を期待出来ます。
クリニックで薬を貰った後は自宅で服用するだけで構わないので、大きな手術をすることもなく安全に育毛が出来るのです。