AGA治療と薄毛ケア

HARG療法と植毛ならどちらが良いのか

AGAは、男性ホルモンの影響により薄毛や抜け毛になることを指し、男性型脱毛症とも言われています。
このAGA治療にはいくつかの方法があります。まず、HARG療法があります。これは、HARGカクテルと呼ばれる薬剤を頭皮へ注入するという治療法です。身体への負担が少ない治療法であり、個人差はありますが強い痛みを感じることもありません。ちなみにこのHARGカクテルとは、育毛メソセラピーで使用される毛髪が育つ際に必要となる育毛メソカクテルに毛髪再生のために必要となる成長因子を組み合わせたものです。多くの場合は、4回程度繰り返し治療を受けることにより、効果を感じることが出来ます。
医療機関で治療を受けることが出来ますが、受付から治療完了までは1時間程度で治療は終了することが多いようです。
HARG療法以外の治療法としては、自毛植毛治療という方法があります。これは、その名の通り、自分の髪の毛を薄毛や抜け毛が気になる部分に植毛するという方法です。一般的には、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪が移植されます。外科治療を必要としますので、事前に予約が必要となります。
手術後には、副作用や不快症状が発生します。その為、手術前にはしっかりと医師と話しあうということが大切になります。具体的には、頭皮の腫れや痒みなどです。これは、術後4~5日がピークとなり、その後は徐々に良くなり、術後10日程度で自然に治まります。
自然な形での治療を望むのであれば、HARG療法がおすすめですが、重度のAGAの場合は、HARG療法の適用とはならない可能性があります。自家植毛は最後の手段として考え、まずはHARG療法を選ぶべきでしょう。